日本人の美意識「もったいない」精神を尊重し大切に使い続ける意義を提案します。

活動の目的

  • HOME »
  • 活動の目的

こんな地域での活動をしています。

広く一般消費者の方々に日本の木の良さ、木造住宅の良さ、その伝統を築いてきた古民家から学び活かせる事を知って頂く為に様々な活動を実施しております。

一般消費者に山を知って頂いています。

身近にある山。日本は豊かな木々に囲まれて私達は生活しています。
しかし、木の良さや山のことは、ほとんど知られていません。一般の消費者と一緒に「山」へ行き山の事を学んで頂けるよう努めています。

環境に配慮した循環型建築を目指します。

現在の住宅寿命は約30年と言われています。古民家は最低でも50年は経過しており、中には100年を超す古民家も少なくありません。また、現在は建て替えを行う際には、ほとんどの部材が使い捨てで再利用する資材は殆どありません。
古民家を見ると、再利用した資材で建てられています。これから建つ住宅に対して環境に配慮した建築である循環型建築をベースとし、一般消費者に認知して頂きたいと思っています。

様々な連携を保ち、コミュニケートしています。

私たちは、分野に特化した団体と連携し、教育・家づくりに対するフォローアップを迅速におこなっています。
これから住まいを考える方に木材業界のプロとしてお役に立ててれば幸いです。

お気軽にお問い合わせください TEL 075-254-8227

PAGETOP
Copyright © 京都府木の住まい支援協会 All Rights Reserved.